アジア新興国を知らナイト! 飲めば飲むだけ寄付になる「KIFU BAR」にて開催

2019年02月11日 15時

KUFUBAR×very50×ACC21がタッグを組んでアジア新興国の現状や チェンジメーカーとしての取り組みについて語る夜

e5mqzYkfrAnK_main

特定非営利活動法人 very50 (本社:東京都豊島区、代表理事:菅谷 亮介)と特定非営利活動法人アジア・コミュニティ・センター21(本社:東京都文京区、代表理事:伊藤道雄、以下ACC21)は、2月13日(水)に飲めば飲むだけ寄付になるKIFUBARに登壇します。KIFUBARから「新しいアジアの流れをテーマに、アジア新興国の現状、現地で活動するチェンジメーカー(社会起業家)たちの取り組みなど一人でも多くの方に知って頂きたく、取材やイベント掲載をお願いできれば幸いです。

■KIFU BARとは?
生活者とNPO法人の交流の場を生み出し、社会貢献性のあるNPO法人の啓蒙活動と寄付活動を同時に行うことを目的とした、新しい社会貢献の形の”飲めば飲むだけ寄付になるスタンディングバー”です。
~KIFU BAR の仕組み ~
①参加費の一部をNPO法人への寄付金に(KIFU BARの運営に必要な金額を引いた金額をすべて寄付。)
②販売したドリンク代の40%を寄付(当日は一杯500円で販売。そのうち200円をNPO法人へ寄付)


■very50とは?
世界には数えきれないほどの問題があり、そこには正面から向き合い、手を差し伸べるチェンジメーカー(社会起業家)がいます。 very50創業以来、そんな世界中のチェンジメーカーと向き合い、スタディツアーMoG(Mission on the Ground の頭文字をとった造語)というプログラムを日本の高校生、大学生を中心に提供してきました。
MoGは、アジア新興国のチェンジメーカー(社会起業家)のもとで、「SDGs(持続可能な開発目標)」のテーマにチームを組んで解決に挑むことで、「問題解決能力」の養成に重点を置いた日本で初めてのプログラムです。 MoGは、60日間の国内研修(問題解決トレーニング)を経て、現地へ向かうため、誰でも参加できるプログラムです。 現在では、立命館宇治高等学校、近畿大学附属高等学校、工学院中学校高等学校、聖ウルスラ学院英智高等学校など多くの高校でプログラムとして取り組まれています。
高校生MoGの紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=OEWpT9oway4


■ACC21とは?
アジア12ヵ国の数多くの現地NGO団体やネットワーク団体などとの幅広いネットワークを基盤に、 アジアの貧困削減の実現に向け活動する国際協力NGOです。「資金の流れ」「政策制度変革の流れ」「ひとの流れ」「情報の流れ」という4つの流れを推進し、市民社会の共同ネットワークを構築していきます。またこうした流れを効果あるものにするために、必要な人材を育成しています。女性の社会主流化支援やストリートチルドレン支援、アジア起業家支援など広く活動をしています。
http://www.acc21.org/


///概要///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
日時:2019年2月13日(水) 20:00-22:00( 受付開始 19:30 )
場所:Fiore Akasaka (フィオーレ赤坂)/東京都港区赤坂3−21−14 TS共和六番館5F

(タイムスケジュール)
19:30〜 受付開始
20:00〜 主催者挨拶|なぜKIFU BARをするのか?
20:10〜 乾杯!|交流タイム①
20:30〜 登壇団体①プレゼン|ACC21 「アジアに新しい流れを」
20:45〜 登壇団体②プレゼン|NPO法人very50「"自立した優しい挑戦者"を育成し、世界をもっとオモシロク変えていく」
21:00〜 交流・ディスカッションタイム②
21:50〜 閉会のご挨拶
22:00 イベント終了

(参加費)2,000円 
すべて1ドリンク付き。2杯目以降はキャッシュオンになります。(1ドリンク500円)

特定非営利活動法人 very50 (担当者名:小澤 早紀)
携帯:080-2375-7640/ TEL:03-4405-4672/ Email:saki.o@very50.org


業種
外食・フードサービス

カテゴリ
イベント

関連情報URL
https://m.facebook.com/events/2302214516677663/?ti=icl