ネットワールド、マルチクラウドでのDevSecOpsや自動化を支援するHashiCorp社と、世界初のディストリビューター契約を締結

2020年04月17日 10時

日本語ヘルプデスクサポート提供により、エンタープライズ市場での導入を加速

df2RbCAYvcB5_main

ITインフラのソリューション・ディストリビューターである株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 森田 晶一)は、米HashiCorp(ハシコープ)社と世界初のディストリビューター契約を締結し、マルチクラウド環境で、クラウドネイティブなインフラ構築や機密情報管理の自動化を可能にするソフトウェアソリューション群と日本語のヘルプデスクサポートを、本日4月16日より国内販売開始します。

DX時代、パブリッククラウドの特性を最大限生かせるクラウドネイティブなアプリケーションの採用や開発自動化による競争力強化が進んでいます。一方、様々な理由から、特定のパブリッククラウドだけではなく、複数のパブリッククラウドを適材適所に利用する、あるいは、別のパブリッククラウドへの移行や、プライベートクラウドに戻す動きも見られます。そのため、マルチクラウド環境(プライベートクラウドも含む)で、クラウドやインフラ、OSの違いを意識することなく、プロビジョニングやサービスの展開、セキュリティ適用が可能で、ベンダーロックインを回避できる標準的な自動化ツールへのニーズが高まっています。

HashiCorp社のソフトウェア製品群は、開発から運用まで幅広くカバーし、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド環境でのインフラやセキュリティのあるべき姿を再利用可能なコードで定義することで、大規模環境でも、迅速な展開や運用管理、セキュリティやガバナンスの徹底を自動化することができるツールとして、世界中の多くのユーザーに高く評価されています。
HashiCorp社のツール群と技術は、何れもオープンソースとして公開されており、日本でも先進的な技術者に利用されていますが、今回、ネットワールドが商用版と日本語のヘルプデスクサポートを提供することにより、エンタープライズ市場での導入を加速させ、導入ユーザーの裾野を拡大します。


◆ HashiCorp社の主な製品
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
HashiCorp社の以下のツール群は、あらゆるアプリケーションやOSのマルチクラウドへのプロビジョニング、シークレット管理と保護、接続、および実行を自動化します。各ツールは単独での導入も可能です。

(1)Terraform(テラフォーム)
ソースコードとしてインフラの構成を定義し、インフラのあるべき姿をコードで検証、レビュー、再利用します。プライベートクラウド、パブリッククラウド、外部サービスの導入についてワークフローを変えずに可能にし、デベロッパーとオペレーター間でインフラのプロビジョニングを共有します。

(2)Vault(ヴォルト)
シークレット情報(トークン、パスワード、証明書や暗号化キー等)を一元管理して、生成、保存、提供を行います。また、データ暗号化のためのシンプルなAPIと暗号化キーを一元的に管理し、アプリケーションのデータを安全に保つことが可能です。

(3)Consul(コンサル)
サービスレジストリ、ヘルスチェック、DNS等の機能を提供し、あらゆるサービス検出やサービス同士の接続を担います。また、mTLSベースの暗号化やアイデンティティベースの認可機能を提供し、サービス間の通信を安全に保ちます。(mTLS:HTTPSにおけるクライアント認証)

(4)Nomad(ノマド)
マイクロサービス、バッチ処理、コンテナ化およびコンテナ化されていないアプリケーションを組み合わせてデプロイや管理ができ、既存のメジャーなワークロードにも対応可能です。シンプルなアーキテクチャーで、セキュリティや運用コストの肥大化を抑えます。


◆ HashiCorp 製品の販売について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇販売・出荷開始: 2020年4月16日
◇販売経路: ネットワールド、および同社販売パートナー経由
◇稼働環境: オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウド
◇価格体系: 各製品により異なりますので、弊社営業へお問い合わせください

※日本語ヘルプデスクサポートは、商用版の「Terraform」「Vault」「Consul」「Nomad」製品に対し、オプションとしてご提供します。


◆ HashiCorp社が目指すもの by 創業者 ミッチェル ハシモト氏
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
私たちの思想に「Tao of HashiCorp(HashiCorp道)」があります。問題を解決するものを提供するという考えで、「テクノロジーではなくワークフロー」と掲げています。また、いろんな環境で課題を解決するプロダクトを提供できるようにと意識しています。例えばTerraformは全てのプラットフォーム、全てのクラウドで使えて、どのようなインフラでもコード化して1つのコード、1つのワークフローになります。Vaultは機密データやシークレット(認証情報など)を管理します。クラウドプロバイダー側でもある程度提供されていますが、どこのクラウドを使う場合でもVaultが管理するため、管理が簡単になります。
テクノロジーは常に変化していきます。あるテクノロジーを用いて何らかのアプリケーションを開発したとしても、開発が終わるころには新しいテクノロジーが出てくることもあります。延々と対応していかなくてはなりません。私たちは複数のテクノロジーに対応できるツールを提供したいと考えています。

◆ HashiCorp社エコシステム
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
HashiCorp社は主要なクラウドプロバイダーと提携しており、組織がすべてのツールを活用して、あらゆる環境でアプリケーションをプロビジョニング、保護、接続、および実行することを容易にします。HashiCorp社のエコシステムにより、ユーザーはさまざまなテクノロジーパートナーの主要なテクノロジーを既存のワークフローに組み込むことができます。 各HashiCorp製品で現在サポートされているツールとテクノロジーは以下をご覧ください。
https://www.hashicorp.com/integrations/ 


◆ HashiCorp社について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
https://www.hashicorp.com/ 
HashiCorp社は、米国サンフランシスコを拠点とし、クラウドインフラストラクチャーの自動化を支援するための様々なソフトウェアを提供します。これらのソフトウェアを使うことで、あらゆるアプリケーション及びインフラストラクチャーのプロビジョニング、セキュリティ確保、連携、および実行に一貫したワークフローを採用できます。HashiCorp社が提供するEnterprise(有償)版のTerraform, Vault, Consul, Nomadは世界の有力企業にて幅広く採用されています。これらの製品はOSS版の基本機能に加え、ガバナンス&セキュリティ、パフォーマンス強化およびマルチデータセンター機能を提供します。

◇製品に関するお問い合わせ先
株式会社ネットワールド
マーケティング本部 事業開発部
E-mail:hashicorp-info@networld.co.jp
 
◇報道関係者お問い合わせ先
株式会社ネットワールド マーケティング本部 広報担当: 蔦谷(つたや)
TEL:03-5210-3911 E-mail:pr@networld.co.jp


df2RbCAYvcB5_sub1


業種
コンピュータ・通信機器

カテゴリ
商品サービス

関連情報URL
https://www.networld.co.jp/product/hashicorp/