SPC58NH92x、MPC5775B/MPC5775E、TC35x(MCDSlight)、TC38x(miniMCDS)対応エンベデットツールUDE5.0の販売開始

2019年02月05日 17時

2019年2月5日、ポジティブワンは、SPC58NH92x、MPC5775B/MPC5775E、TC35x(MCDSlight)、TC38x(miniMCDS)対応エンベデットツールUDE5.0の販売を開始いたします。

LVjaYAUVMgMF_main

ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、2019年2月5日、PLSプログラマブルロジックアンドシステム社の新しいエンベデッドツールUDE5.0の販売を開始いたします。

PLSプログラマブルロジックアンドシステム社は、プロフェッショナル向けのデバッグと組み込みシステムのテストのための、まったく新しく、大幅に強化された広範囲の機能を提供するUniversal DebugEngineの最新バージョン5.0を提供します。Embedded World 2019でデモおよび発表予定であるLynx Software TechnologiesのLynxSecureハイパーバイザ製品のハイパーバイザに対応した機能を提供することで、ARM Cortex-A53用の仮想化アプリケーションの開発をサポートします。

現在、複数のアプリケーションを統合する傾向があります。これまでは別々のハードウェアを使用していましたが、単一のコンピューティングプラットフォームに統合します。ただし、安全性、セキュリティ、およびリアルタイムの動作に関するさまざまな要件には、厳密な分離が必要です。これは、仮想化によってのみ実現できます。ハイパーバイザーの認識により、開発者は仮想化アプリケーションの開発にもUDEの広範なデバッグ機能を使用できるようになりました。2段階アドレス変換や仮想割り込みのサポートなど、ARM Cortex-A53の特定の機能は、ユーザに対して透過的に処理されます。UDEをハイパーバイザーに認識させることで、ユーザーは通常どおり、仮想マシン(VM)内にカプセル化されるのではなく実際のハードウェア上で実行されているかのようにベアメタルアプリケーションをデバッグできます。もし必要なら、UDEは、ハイパーバイザー自体のデバッグとシステム分析もサポートします。個々のVMごとに、状態とコンテキストの両方を表示できます。さらに、個々のVMのメモリレイアウト、および仮想メモリアドレスから物理メモリアドレスへのマッピングに関する情報は、UDEによって提供されます。

UDE 5.0では、大量の記録されたトレースデータの処理がさらに単純化され、改善されました。視覚化に特別な注意が払われました。たとえば、UDE実行シーケンスチャートで実行された機能とオペレーティングシステムのタスクの正確な時間表示を、さまざまな基準に従ってソートしてフィルタ処理できるようになりました。リンクを使用すると、記録されている機能からそのソースコードに簡単に移動できます。OSEK(自動車の電子機器用のオープンシステムとそのインタフェース)規格に準拠したリアルタイムオペレーティングシステムのサポートのためのアドインと組み合わせることで、オペレーティングシステムのタスクと関連するランナブルを明確に表示し、測定することができます。Best Trace Format(BTF)のエクスポート機能では、一般的なサードパーティのタスク分析ツールを使用してさらに処理することもできます。

真のマルチコアデバッガとして、UDE 5.0は統一されたユーザーインターフェース内でマルチコアシステムの状態の可視化とすべてのコアの制御もサポートします。たとえば、以前よりもさらに効率的になったのは、コンパイラが特定の1つのコアからしか見えないようにした変数の処理です。UDEの監視ウィンドウでは、このようなコアローカル変数は、それぞれのコアに応じて異なる色で区切られています。これまで、このカラーリングは特定のコアに割り当てられたウィンドウと個々のコアのステータス情報にのみ適用されていました。

UDE 5.0では、サポートされているマイクロコントローラに関しても、数多くの改良と機能強化が行われています。ARM Cortex-A53などの64ビットアーキテクチャのデバッグ機能は、常に拡張されています。ARM Cortex-R52 32ビットプロセッサとNETX 90 Cortex-Mマイクロコントローラは、ARMの世界からまったく新しいデバイスとして追加されました。UDE 5.0は、STMicroelectronicsの新しいPowerArchitectureベースのChorus SPC58NH92xデバイスとNXPのMPC5775B / MPC5775Eマイクロコントローラに対する専用のデバッグサポートも提供します。後者のMCUは、高度な性能を必要とする自動車用および産業用のバッテリ管理およびインバータアプリケーションを対象としています。UDEのNexusトレースサポートはこれらのデバイスでも利用可能で、プロファイリングなどの正確なランタイム解析のための広範な機能を提供します。

特に、InfineonのTC3xxxファミリのマイクロコントローラは、UDE 5.0の拡張されたデバッグおよびトレース機能の恩恵を受けています。マルチコアデバッグ機能に加え、特定のコントローラに応じて、非侵襲的デバッグおよびシステム解析用のトレースサポートが利用可能です。TC35xでは新しいMCDSlight、TC38xではminiMCDSの基本的なトレース機能。後者はUDEの基本ライセンスで開発者にも利用可能です。

ユニバーサルアクセスデバイス3+(UAD3 +)とのターゲット通信用に、特別なマルチAURIXアダプタが使用可能になりました。このアダプタは、2つの独立したデバッグインタフェースを持つ2つのAURIXデバイスに基づく冗長性を提供する、フェールセーフおよびフェール運用システムの特別な要件を満たすためにPLSによって開発されました。UDE 5.0と共に、アダプターは完全に同期されたストップモードデバッグを可能にします:中断、シングルステップ操作と再起動、両方のマイクロコントローラ周辺機器の同期停止が可能です。

【PLSプログラマブルロジックアンドシステムとは】
PLSプログラマブルロジックアンドシステムGmbH(PLS Programmierbare Logik & Systeme GmbH)は、ドイツ・ラウタに本社を持つ組み込み向け開発ツールのサプライヤーです。インフィニオンテクノロジーズ、STマイクロエレクトロニクス、ルネサスなどのレガシーな半導体から最先端の半導体のためのソフトウェアデバッグソリューションおよび完全な開発ツールを提供します。ポジティブワン株式会社は、日本総販売元として、日本およびアジア市場への販売、サポートを行っております。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL http://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301


業種
コンピュータ・通信機器

カテゴリ
商品サービス

関連情報URL
http://www.positive-one.com