太陽熱利用システム・エコキュートからビルオートメーションのプラットフォームIoT「CTR-700」端末販売およびシステムインテグレーションサービス開始

2020年03月16日 14時

太陽熱利用システム・エコキュートからビルオートメーションのプラットフォームIoT「CTR-700」端末販売およびシステムインテグレーションサービス開始

Api2qBWvgEMB_main

2020年3月16日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、太陽熱利用システム・エコキュートからビルオートメーションのプラットフォームIoT「CTR-700」端末およびシステムインテグレーションサービス開始いたします。

太陽熱利用システム・エコキュートを構築し、太陽熱暖房、太陽熱発電、太陽熱温水器、蓄熱、空調など利用可能なハイブリッドなホームゲートウェイ端末を提案いたします。ホームゲートウェイ端末は、デジタルホームコントロールとともに、産業用制御が必要となります。世界では、太陽熱利用システム・エコキュートからビルオートメーションを考えた場合、世界標準化された産業用制御インターフェースが採用されています。言い換えれば、太陽熱利用システム・エコキュートからビルオートメーションのコア端末が世界標準化された産業用制御インターフェースが採用していない場合、新しいセンサーなどの採用が難しくなる可能性があります。

太陽熱温水器を含めたホームオートメーションを検討されるお客様は、多数の追加ケーブルが家の中を通り、多数のリレー(合計70個)がスイッチソケットとデバイスを通過しています。すべての部屋に温度センサーがあります。ブラインドは自動的に制御することもできます。デジタル電気メーターと雨および水分センサーも可能です。

◆ホームゲートウェイ端末IoT「CTR-700」
IoT「CTR-700」は、独自のコンピューティングコアと直接クラウド接続を備えた自由にプログラム可能なコントローラです。他の多くのソリューションとは対照的に、測定、制御、および調整は、CTR-700でローカルに実行でき、必ずしも外部委託する必要はありません。この前処理により、最小限のスペースでさまざまなプロトコルおよびバスタイプを変換できます。さらに、CTR-700コントローラーは多種多様なインターフェースを提供し、「デュアルCortex-A7」コンピューティングコアを備えたNXP i.MX 7デュアルコアプロセッサーのおかげで、非常に優れたパフォーマンスを発揮します。コントロールゲートウェイはすべての一般的な言語でプログラムできます。Dockerコンテナーをシステムに統合するオプションと同様に、C#でのプログラミング用のモノラルライブラリがプリインストールされています。CTR-700は、マシン間通信用のMQTTやグラフィカルIoT開発ツールNodeREDなどの最新の通信プロトコルも理解しています。OPC UAは産業用にも利用できます。

また、CANopenやModbusフィールドバスなどの従来の機械制御インターフェイスに加えて、CTR-700は、Bluetoothを介したワイヤレスネットワークなど、この分野の新しいオプションもサポートしています。さらに、プロジェクトでこれらのインターフェイスを(まだ)使用していない場合でも大丈夫です。統合された8ギガバイトのeMMCストレージは、彼にとって非常に重要です。この永続的に取り付けられた不揮発性メモリはデバイスに最適に適合し、システムがより安定して動作し、クラッシュや障害がないことを望んでいます。

◆さまざまなインターフェースによる完璧な統合
IoT「CTR-700」は、この異機種混在環境でも快適になりました。コントローラーゲートウェイは、NodeREDを介してホームオートメーションシステムと通信し、住宅および制御システムが提供するすべてのデータを収集します。CTR-700が加熱システムを制御するようになりました。Ungerは、加熱システム自体が決定したフロー温度、温水温度、現在の煙道ガス温度、および外気温を測定します。加熱システムで生成されたデータはCTR-700によって記録されます。CTR-700を使用して、この方法で発生する他のすべてのデータを変換し、転送します。流入データベースにデータを保存し、グラフィカルに評価するような仕組みが開発できます。

◆システムに太陽を取り入れる
温水製造用の太陽熱システム化され、温度センサーは、熱を保存する加熱システムのバッファーメモリに既にインストールされています。通信は1wireバスを介して行われます。システムがインストールされると、CTR-700ソレノイドバルブがアクティブになります。将来、どの場合にバッファストレージからの太陽熱を家の暖房に使用するかを規制できることも可能です。これを行うには、バーナーを実行するかどうかを制御できるように、暖房制御を拡張する必要があります。天気予報に応じて予報で暖房を作動させたい場合、1時間に80パーセントの太陽の可能性があります。それから最初に暖房がないことを確認します。そして、太陽を待ち、その暖かさを暖房に使用します。そうする場合、気象サービスなどの外部システムからのデータを処理し、解釈する必要があるため、コンピューター科学者は依然としてデータ処理を処理する必要があります。いわば、生データを実際に処理し、それを使用可能にするプラットフォームを持つことです

◆プラットフォームサポート
CTR-700を産業用アプリケーションに完全に統合するために、IoTソフトウェアメーカーのBacsoftやFraunhofer Instituteなどの専門ソリューションを採用することも可能です。また、ポジティブワンでは、同様、プラットフォームを利用したソフトウエア開発を行います。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
東京本社 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
関西本社 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL https://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、IoT端末、エッジコンピュータ、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301


業種
コンピュータ・通信機器

カテゴリ
商品サービス

関連情報URL
https://www.positive-one.com/